HOME > 日本の常識・世界の非常識

海外での豊胸手術は、90%以上がシリコンバッグ豊胸!

2012.05.25|Comments (0)

日本では昨今、豊胸手術の手段としてヒアルロン酸を入れるSub-Qや、脂肪注入による豊胸が広まっています。

あたかも世界のスタンダードのようなイメージの広告をよく見ますが、果たしてこれはどうなのでしょうか・・・。

当院の真崎院長は、数多くの世界のトップドクターとアライアンス(提携)を組んでいて常に意見交換をしています。

その中で確実に言えるのが、海外での豊胸手術の実に90%以上がシリコンバッグ豊胸だということです。

これは、シリコンバッグ豊胸の確実性と安全性を世界中のドクターが認めているからと言えるでしょう。

つまり、5%前後のごく一部のドクターがヒアルロン酸を入れるSub-Qや脂肪注入による豊胸をしているだけなのです。

さらに、昨年(2011年8月)、フランスでは美容を目的としたヒアルロン酸等による豊胸手術の中止を決定致しました。

ヒアルロン酸によっての組織の石灰化や、しこりが出来た場合に乳がん検診の妨げになってしまう可能性が十分あるからということです。

このことは脂肪注入においても同じことが言えるでしょう。

シリコンバッグ豊胸が主流で行われる理由がこれで分かりますよね。

豊胸手術をご検討されている方、是非一度当院にカウンセリングにお越しになってみて下さい!

警告:フランス政府の注入充填剤(ヒアルロン酸等)による豊胸術の中止決定について

2011.10.12|Comments (0)

2011年9月5日の「美容を目的とした豊胸の適応の除外に関する決定」というニュースソースによると、フランス保健製品衛生安全庁(Afssaps)は2011年8月26日、目下のところ顕著なリスクはないものの予防措置として、注入充填剤についてフランスにおいては美容を目的とした豊胸の適応を除外することを決定しました。

当該決定は、注入充填剤は胸部画像を混乱させ、臨床検査の際に乳房の触診が困難になるリスクがあるという理由によるものです。真崎医院では以前よりこの問題に気づき、安全な施術を薦めてきました(真崎TV)。ブームに踊らされず、正確な海外の情報を知ることが大切です。詳しくは真崎医院の真崎TVのビデオをご確認ください。

ソース:http://www.afssaps.fr/Infos-de-securite/Points-d-information/Produits-injectables-de-comblement-decision-portant-sur-l-exclusion-de-l-indication-d-augmentation-mammaire-a-visee-esthetique

  • facebook
  • LINE@
無料相談 画像相談 来院予約