診療内容

シルエットリフト
真﨑院長、ローマでの学会に招聘(日本で2名のみ
招聘)
豊胸(インプラント挿入法)シルエットリフトのConsulting, Training Doctor(コンサルティング、トレーニングドクター)でMarbella, SpainにあるMolding ClinicのRoberto Pizzamiglio 先生と真﨑院長





topへ料金ページへ
01
糸を挿入_Insersion
側頭部から糸を挿入します。 糸は浅い皮膚組織を通し、頬、下頬などの適切な部分から外に出します。傷跡の心配もありません。






02
糸の配置_Deployment
顔の皮下脂肪繊維組織に糸を配置します。糸は平行に配置しますが、糸の幅は固定するこめかみの部分では狭く、頬では広くします。このことにより広範囲に引き上げることができます。





03
糸の定着_Anchoring&Suspension
吸収性のコーンが皮下繊維組織に定着するまで、後方に牽引されます。
この作用によって顔の組織を動かし、上方に引き上げます。引き上げ組織を従来より頑丈に固定することでさらにコラーゲンを増生し、引き上げ効果がより一層吊り上がります。





04
糸の固定_Fixation
こめかみの部分、深側頭筋膜にて縫合し、固定しますので、針の刺入による内出血もほとんどなく、組織を傷つけることなく、引き上げ効果が期待できます。術後の抜糸の必要もありません。





topへ料金ページへ
無料相談 画像相談 来院予約