診療内容

眼瞼下垂の原因と症状

眼瞼下垂の原因と症状について

眼瞼下垂ってなに??

まぶたの医学的な表記を眼瞼と言います。
つまり眼瞼下垂とはまぶたの下垂の事です。
まぶたの下垂によって「視界が狭くなる」、眉毛を上げて視界を広げようとすることが原因の「おでこのしわ」といった症状が現れます。
こういったことにより、「目が小さく見える」、「目つきが悪く見える」、「目が疲れたように見える」、「年を取ったように見える」など 見た目上の問題の原因にもなります。

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂は大きく生まれつきの先天性とそうでない後天性に分けられます。

・先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂とは生まれつきまぶたの下垂がある状態の事です。
まぶたを開く筋肉である眼瞼挙筋の力が弱い場合や、筋肉の動作に関わる神経の異常が原因だと言われております。
また先天性眼瞼下垂の多くは片目のみまぶたが下垂している方が多いようです。
下記は先天性眼瞼下垂の症例写真です。

先天性眼瞼下垂の症例写真

・後天性眼瞼下垂

先天性より後天性の患者様の方が圧倒的に多いです。
当院に相談にいらっしゃる患者様の後天性眼瞼下垂の主な原因は下記でございます。
・加齢
・コンタクトレンズ
 特に厚みのあるハードコンタクトを付けたままでのまばたきの繰り返しは下垂の原因となりやすいです。
・よく目をこするのが癖な方
下記は加齢+ハードコンタクトが原因で眼瞼下垂を発症した患者様の症例写真です。

後天性眼瞼下垂の症例写真

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂の主な症状をまとめております。
眼瞼下垂かな?と気になる方は下記の項目を確認してください。
いくつか心当たりがある方は早めに相談することをお勧めいたします。

・黒目の部分が隠れ(下垂)、目の開きが悪い
・まぶたが重く感じる
・目が疲れやすい
・額のしわ
・頭痛・肩こり
・上まぶたのくぼみが深くなる
・左右で目の大きさが違う
・二重の幅が薄く広がってきた
・二重の線が増えた
・眉毛とまつ毛の距離が広がった

まぶたのたるみについて

まぶたのたるみと眼瞼下垂を混同されている方も多いのですが正確には違うものです。
まぶたのたるみはその言葉の通り、まぶたの皮膚がたるみ垂れ下がっている状態です。
症状が重くなると皮膚が黒目に被るまでたるむ場合もあります。
加齢によりまぶたはたるむので、ご年配の方に多く見られます。
最近では30代、40代の患者様も多いです。
眼瞼下垂は上で説明したように、瞼を開く筋肉の力が弱くなったり、機能しなくなることが原因です。
眼瞼下垂とまぶたのたるみを併発する例も多くございます。
また、まぶたのたるみを解消する施術もございますので、まぶたのたるみが気になる方もまずはご相談ください。

眼瞼下垂手術のダウンタイムについて

・ダウンタイムとは?

美容整形でのダウンタイムとは施術を行ってから通常の状態に戻るまでの期間の事を指します。
つまり「通常の生活を行って支障がないまでの期間」ということです。
ダウンタイムが長いと会社や学校を長い間休む必要があります。

・切開による眼瞼下垂手術(切開法)のダウンタイム

切開による眼瞼下垂手術の場合ダウンタイムは1?3ヶ月です。 切開を行うと抜糸までに1週間前後、その後腫れが完全に引くまでに早くても1ヶ月程度です。 抜糸までの期間は目元のお化粧も避ける必要があります。 それに比べ切らない眼瞼下垂のダウンタイムは圧倒的に短いです。

・切らない眼瞼下垂手術のダウンタイム

切らない眼瞼下垂の手術は切らずに糸を埋め込むだけの手術ですので、 腫れも傷跡もほとんどなく下垂を改善できます。 そのため切開を行う場合と比べ大幅にダウンタイムを短くすることができます。 実際の手術過程や症例写真はコチラよりご覧頂けます。

お問い合わせ・来院のご予約は
真崎医院 0120-120-454 受付時間 10:00-20:00(日曜日休診)
来院予約
無料メール相談

眼瞼下垂の保険について

眼瞼下垂について

無料相談 画像相談 来院予約