東京の美容整形クリニックなら真崎医院

美容外科・美容皮膚科・内科・麻酔科 MASAKI CLINIC

第101回日本美容外科学会会長

日本美容外科学会専門医

東京ミッドタウンクリニック Noage顧問

日本美容外科学会(JSAS) 理事

先進医療医師会 理事

ヒアルロン酸注入での若返り治療Silhouette lift

ヒアルロン酸注入は、比較的手軽で安全な為、人気が高い治療方法です。
患者さんのご希望によって治療方法が異なります。
例えば、鼻を高くしたい、涙袋を作りたいという場合にも使いますし、若々しくなりたいという場合にも使います。
今回は、この「若返り」にポイントを当てて、ヒアルロン酸注入についてご説明致します。

ポイント1老化の原因・若返りの治療方法について

年齢を重ねていくと、皮膚の弾力性が失われていきます。
弾力性は失われる事で皮膚が垂れてきて、シワやたるみができます。
また、皮膚や脂肪層(皮膚と筋肉の間の層の事)もどんどん薄くなり、顔にふくらみがなくなってきます。
若い時には膨らんだたまご型の顔だった方も、老化していくと、ひょうたん型の顔になっていきます。
その為、若返り治療を行うには、シワ・たるみをなくす「皮膚を引っ張る治療」と、顔の膨らみを取り戻す「膨らませる治療」の2点が大きなポイントとなります。

シワ・たるみをなくす「皮膚を引っ張る治療」は、フェイスリフト治療。
顔の膨らみを取り戻す「膨らませる治療」は、ヒアルロン酸・脂肪注入の治療を行います。
シワやたるみは、フェイスリフトで引っ張るだけでは限界があり、ヒアルロン酸でくぼみ・シワを膨らます事により高度な若返り治療を行う事ができます。
なお、重度の患者さん以外は、ヒアルロン酸だけでも十分シワ・たるみがなくなり、若返る事も可能です。
真崎医院では、患者さんの状態をカウンセリングできちんと把握した上で最適な方法をご提案いたします。

ヒアルロン酸注射の特徴

ヒアルロン酸は、元々人体の皮膚や細胞などに存在する非常に保水力の高い成分です。
胎児の頃には体内に最も多く存在する成分ですが、加齢と共に次第に減少していくため、肌の弾力性が失われシワが目立ってくるのです。
ヒアルロン酸を注入する事で、シワの溝をふっくらと盛り上げ、ハリのあるイキイキとした肌に導きます。
注入したヒアルロン酸は、目の周りで6カ月〜1年の間、口元など皮膚の厚い箇所は1年〜1年半の間に徐々に体内に吸収されていきますので、 元に戻せる治療として非常に人気があります。
また、アレルギー反応が起きる心配がほとんど無いのも大きなメリットで、口の脇のシワ(鼻唇溝)を始め、顔のどの部分にも注入が出来ます。
シワの箇所によってはボトックスと併用すると、より良い効果が得られる場合があります。

こんな方におすすめの施術です!

○ 軽度〜中度(膨らませるだけで若返りが見込める状態の方)
○ フェイスリフトを受けるのが怖い方
○ ダウンタイムが短く手軽に若返り治療を行いたい方

施術について

ヒアルロン酸は顔の様々な箇所に注入ができます。
若返り治療の中では、「ほうれい線」「目の下のシワ・くぼみ」をご希望される方が特に多いです。
カウンセリングの際に、どこを治療したいのか、どのように治療したいのか等、細かくご希望をお伺いした上で、最適な治療をご提案いたします。

若返りの為のヒアルロン酸の効果的な箇所!

  • ○ 額のシワ
  • ○ 眉間の縦ジワ
  • ○ 目尻のシワ
  • ○ 目の下のシワ・くぼみ
  • ○ 鼻唇溝のシワ・くぼみ
  • ○ 口周りのシワ・くぼみ

術後の注意点について

施術時間 5分〜10分程度
ダウンタイム ほとんどございませんが、患者さんの皮膚によっては、稀に多少の内出血を起こる可能性はございます。
万が一多少の内出血が出た場合も、メイクでほとんどカバーできる程度ですのでご安心ください。
施術後の通院 2週間前後で状態をチェックして足りない所には追加注入する事もあります。
持続について 目の周りは6カ月〜1年の間、口元など皮膚の厚い箇所は1年〜1年半程度となります。
術後のメイク 翌日から可能
術後の入浴 当日より可能
術後の洗顔 当日より可能

ヒアルロン酸の持続性について

ヒアルロン酸には様々な種類があります。
濃度の高いものは持ちが長く、濃度の低いものは持ちが短くなります。
ただし、全ての箇所に濃度の高いヒアルロン酸を使用できるわけではありません。
例えば、目の周りの上まぶた・下まぶたのような他の箇所と比べると皮膚が薄い場所に、濃度の高いヒアルロン酸を注入してしまうと、 でこぼこになってしまったりシコリになってしまう事があります。
その為、皮膚の薄い箇所には、濃度の薄いヒアルロン酸を注入します。

頬・ほうれい線や口元など皮膚の厚い箇所には濃度の高いヒアルロン酸を注入する事ができますので、若干長く効果を維持することができます。
個人差はございますが、目の周りは6ヶ月〜1年程度。
皮膚の厚い箇所(頬、ほうれい線や口元など)は、1年〜1年半程度持続が可能です。

ヒアルロン酸の注意事項について

ヒアルロン酸は、比較的手軽に治療できる事から非常に人気の高い治療なのですが、どの医師にでも結果が同じかというとそうではありません。
ヒアルロン酸の注入でもトラブルが起きる事があります。
例えば、ほうれい線・鼻のヒアルロン酸注入によって血管を詰まらせてしまい、皮膚が壊死(感染した箇所の皮膚が死んでしまうこと)してしまったり、失明したという事例が 世界中で報告されています。
何故このような事が起きてしまうかというと、顔には様々な血管があるのですが、ほうれい線の外側あたりに顔面動脈と呼ばれる大事な血管の枝があります。
そこに誤って注射してしまうと、血管が詰まってしまい、先端である鼻先や目に血液が流れなくなり前述のような恐ろしい事態を招きます。
手軽な治療とはいえ、経験を積み、解剖を熟知した医師でないとトラブルになる事があるので注意が必要です。

充填剤パーマネントフィラーには注意をしてください!

皮膚充填剤の中には、ヒアルロン酸もあればパーマネントフィラーと呼ばれるものがあります。
パーマネントフィラーはヒアルロン酸と違い、元に戻す事が非常に困難となりますので注意が必要です。
元に戻せないというのは、よく言えば効果が永久的という事でもあります。
ヒアルロン酸が分解されて元に戻ってきたら再度打つ必要があるのに対して、効果が永久的というのはとても魅力的です。
しかし、元に戻せないというのは、デザインが気に入らなかったり、アレルギー反応や先程の注意点のような合併症が出てしまった場合、非常に大きなデメリットとなります。
ヒアルロン酸は、ヒアルロニダーで溶かし完全に元に戻す事ができますが、パーマネントフィラーは元に戻すがの難しい為、治療をご決断される際は、そのデメリット・リスクを必ずしっかりと理解して頂きたいと思います。

料金について

当院では、お客様のご希望のデザインにできるだけ近づける為に、落ち着いてからの追加注入などの微調整させて頂いております。
ヒアルロン酸注入は一日で注入可能な量に限界があります。
その為、後日落ち着いてから再度チェックを行い、患者さんの理想となるように院長 真崎が責任もって一人一人丁寧に対応致します。不安な事やご質問などございましたら、お気軽にごお問い合わせください。
(掲載されている料金は全て税抜表示となっております。)

手術内容 料金
ドールチーク 200,000円
(2週間前後にタッチアップ)
口周囲 200,000円
(2週間前後にタッチアップ)
顎・上口唇・目の下・眉間・額など 0.1cc 10,000円

ご相談・お問い合わせはこちら

当院では、プライベートクリニックですので、お客様一人一人としっかり向き合い丁寧な施術内容をご提供することが出来ます。
また、患者様のプライバシーをお守りできるよう配慮し、専用の個室もご用意しています。
ご質問やご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ0120-120-454
受付時間10 : 00〜20 : 00 (日曜休診)