ドクター紹介

美容整形外科の名医である真崎信行院長の紹介です。

1983年金沢医科大学医学部卒業

順天堂大学附属病院麻酔科へ入局し、麻酔科標榜医取得。その後、大手美容外科での勤務を経て、1989年共立美容外科・歯科を久次米秋人先生とともに開設。 2007年現在、全国に15院を保有する美容外科グループにまで成長した。

真﨑信行は、美容外科医歴25年以上の経験と実績を持つ名医であり、その技術には確固たる定評がある。共立美容外科ではほとんどの著名人を担当していた。

さらに自ら医療機器の開発にも携わり、脂肪吸引時に使用するマサキスキンプロテクター(傷跡保護器具)を発明。世界で特許を取得した。現在では、日本はもちろん世界中のクリニックで使用され、また世界で最も権威のある医学雑誌『PRS』でも紹介されました。

また、BBC(イギリス国営放送)が制作した「美」をテーマにした国際的な特別連続報道番組では、世界に数ある美容クリニックの中から美容整形外科の名医として選ばれた。 その他、アメリカを代表する一般誌『シカゴトリビューン』より、日本における最新の美容外科手術の事情について取材を受けるなど、海外メディアからも注目されている。

さらには、美容外科をテーマにし人気を博したTBS系列のドラマ『美しい人』の医療監修もおこなう。

最近ではその医療技術が認められ、美容整形外科の名医として数多くの海外で行われる学会より招聘されるなど、 世界各国の美容外科の名医との交流も深く、常に最先端の美容医療技術を提供し続けるべく邁進中である。

この度、美容整形外科の名医として地位を確立した真崎信行が目指す、よりクオリティーの高い医療提供を実現するべく、2007年8月に東京・代官山に「真崎医院」を開設。

先進医療医師会
日本美容外科学会(JSAS)
再生医療等委員会
日本美容外科学会専門医
麻酔標榜医
日本形成外科学会 会員
日本美容外科学会 会員
東京ミッドタウンクリニック Noage顧問
第101回日本美容外科学会 学会長

BBC(イギリス国営放送)
「シカゴトリビューン」など数多くの海外メディアの取材
TBSドラマ「美しい人」の医療監修
脂肪吸引時に使用するスキンプロテクターを開発、特許を取得
(現在、世界の多くのクリニックで使用。)
世界の著名なドクターとアライアンス(ネットワーク)をもつ数少ないドクターの1人
採血用の簡易式自動電子駆血帯「マサキカフ」を考案し、特許を取得

採血用の簡易式自動電子駆血帯「マサキカフ」(仮称=写真)を考案し、特許申請を行った。今後、プロトタイプ(試作機)の開発や事業化に向けて検討しています。



topへ

「フェイスクリニック」笠倉出版社
「とりたい脂肪がすっきり」アイペックプレス
「脂肪吸引クリニック」双葉社
「驚異!!次世代ワキガ・多汗症治療法」冬青社
「失敗しない!次世代ワキガ・多汗症治療法」冬青社(写真の書籍)
無料相談 画像相談 来院予約