【重要】新型コロナウイルスに関してのお知らせ
【重要】営業時間変更のお知らせ

東京の美容整形クリニックなら真崎医院

美容外科・美容皮膚科・内科・麻酔科 MASAKI CLINIC

第101回日本美容外科学会会長

日本美容外科学会専門医

東京ミッドタウンクリニック Noage顧問

公開日: 更新日:

エラ骨切り(エラ削り)

エラが張っていることで、顔が大きく見えたり、ホームベース型の四角い印象を与えてしまいます。
エラ骨切りの施術では、エラだけでなく、下顎下縁からあご周辺まで骨を削り、なめらかな卵形のフェイスラインにする施術です。
当院では日本抗加齢美容再建歯科協会の理事であり、共立美容外科時代から院長真崎と患者様に向き合ってきた木下径彦医師による最高の美容手術をご提供しております。

こんな方におすすめ

  • ・エラが張っている方
  • ・小顔にしたい方
  • ・四角く角ばった輪郭をなめらかにしたい方
  • ・他院で施術を受けたものの効果を実感できなかった方

施術方法

エラの張りを削り、顔を卵のような輪郭にする手術です。
エラは左右の頬から顎にかけてのふくらみを指す言葉で、この部分が張っていると正面から顔を見たときに角ばった印象になってしまいます。

通常はこのエラと呼ばれている下顎角部だけではなく、最も顔の横幅が張り出しがちな咬筋という奥歯を咬むときに動かす部分まで骨切を行います。
これは、下顎角だけ削る術式では削っても角が2つできてしまい不自然になってしまい、かえって印象を悪くしてしまうためです。
これでは患者様の希望されるようなフェイスラインにはなりません。
当院の骨切り施術では骨を切った効果だけではなく、周辺の骨を削ったことで咬筋が萎縮する副次的な効果も得られるため、2つの小顔効果が同時に得られます。

エラ骨切り(エラ削り)の効果は高く、小さい卵のような印象を得たい方や角ばったフェイスラインにお悩みの患者様にお勧めできる施術です。
エラは、正面から見た場合と側面から見た場合の張っている部分が異なります。
正面からみてエラが張っている場合は、下顎骨の表面である外側皮質骨によるものですので、外側皮質骨も削ることで、正面から見ても側面から見てもなめらかなフェイスラインを作ることができます。
また、咬筋に厚みがある場合は、骨切りに合わせてボトックス注射を行うこともあります。

エラ骨切り(エラ削り)は口の中から頬に向けて、内視鏡を用いて切開を行い該当部分の骨を切り取る手術です。
施術の跡が口の中であるため傷口が外見からはほとんど判別できないメリットがある反面、かなり高い技術力が要求される施術でもあります。
様々なクリニックでこの施術は行われていますが、未熟な医師による執刀では左右で見た目が異なってしまったり、最悪の場合は顔の神経に傷をつけてしまい麻痺が残るといった大きなリスクが伴うことは覚えておいたほうが良いでしょう。

エラ骨切りのリスク・デメリット

エラ骨切りは効果が高いものの様々なリスクがあります。
そのほとんどは担当する医師の技術力や事前のカウンセリングで回避できるものばかりですが、中にはこうしたマイナス面を隠したまま施術に入ってしまうクリニックも存在しているようですので、注意してください。

ダウンタイムが長い

骨を削るという手法であるため、どうしても術後の腫れや痛みは避けられません。
鎮痛剤を処方しますので痛みはほとんどの場合問題ありませんが、大まかな腫れが引くまでには2~3週間ほど必要です。

顔面の神経を傷つける可能性がある

これは経験豊富な専門医であれば限りなくゼロに近いリスクですが、骨切りのクリニックを選んでいただくうえでは重要ですのでご紹介します。
骨切りの施術部位は顔面神経・顔面動脈といった部位が存在しており、万が一傷をつけてしまうと顔面麻痺や大量出血といった医療事故に直結します。
骨切りを担当する医師の技術力で選んでいただきたい大きな理由のひとつです。

術後、左右で印象が異なる

他院で骨切りを受けた患者様からご相談いただくのは、施術後に腫れが引いても左右で印象が異なるというものです。
実は人の顔はもともと左右非対称であり、同じ施術を左右で行っても印象は変わってしまいます。
そのため事前のカウンセリングにて、骨のどのような部分を削ってどのような小顔を目指すのか、ご納得いただいてから施術を行う必要があります。
人の顔の印象は数多くの要素が重なり合って構成されているため、術後のバランスを考えながら様々な面から調整が必要となる高度な技術力が必要です。
クリニック選びは慎重になさることをお勧めいたします。

全身麻酔での手術である

全身麻酔での施術となるため合併症のリスクを完全にゼロにすることはできません。
当院では事前のカウンセリングや検査の結果を踏まえて細心の注意を払って麻酔を行うことで、限りなくリスクがゼロに近い施術を目指し、ご提供させていただいております。

エラ骨切りのメリット

このように気をつけなければならないデメリットが存在する骨切りですが、幸い当院では多くの患者様にご満足いただいております。
代表的なメリットとしては以下のものが挙げられるでしょう。

小顔効果が半永久的である

最も特徴的なのは骨切りによる小顔効果は一生続くことです。
ボトックス注射などの注入によって顔の印象を変える手法と異なり、印象を構成する骨格そのものを調整する方法であるため、一度得た小顔効果は半永久的なものとなります。

生まれつきの角張りも改善が可能

生まれつきの顔の形にお悩みの場合でも、小顔矯正の中でも効果の高い骨切りであれば改善が可能かもしれません。
顔の角張りといった他の手法では改善が難しいものであっても、骨格そのもののバランスを整えるこの方法であれば対応が可能です。
理想のフェイスラインをお持ちの患者様に特にお勧めしたい施術のひとつです。

傷跡が口内で目立たない

施術は目立たない口内から行うため、顔の表面に傷は一切つきません。
術後の腫れが収まったあとであれば、整形手術の実施の有無を他の方に気づかれることは殆どないと言ってよいでしょう。

ダウンタイム・施術後の注意点について

施術時間 3時間
ダウンタイム 大まかな腫れや内出血が引いてくるのは、2~3週間程度。
組織が完全に落ち着くまで、3ヶ月~6ヶ月程度。
(個人差がございます。)
施術後の通院 1週間後 (抜糸の為、来院頂きます。)
施術後の検診 1ヶ月後
術後のメイク 抜糸の翌日から可能
術後の入浴 内出血が引いてから可能(2週間程度)
シャワーは手術部位以外は当日より可能
術後の洗顔 手術部位以外は当日より可能、手術部位は24時間後から水のみなら可能

エラ骨切りの料金について

手術から1ヶ月間の検診・アフターフォローまで全て含んだ料金となります。
なお、施術後1ヶ月検診まで再診料は無料です。
不安な事やご質問などございましたら、お気軽にごお問い合わせください。
(掲載されている料金は全て税込表示となっております。)

手術内容 方法・部位 料金
両側料金 片側料金
エラ 下顎角切除形成 1,980,000円 1,320,000円
下顎骨外側皮質骨切除形成 1,650,000円

関連ページ

ご相談・お問い合わせはこちら

当院はプライベートクリニックですので、患者様お一人お一人としっかり向き合い、丁寧な施術をご提供することが出来ます。また、患者様のプライバシーをお守りできるよう配慮し、完全個室対応をしております。
ご質問やご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ0120-120-454
平日:10:00-19:00 土曜:10:00-18:00(日曜休診)