【重要】新型コロナウイルスに関してのお知らせ
【重要】営業時間変更のお知らせ

東京の美容整形クリニックなら真崎医院

美容外科・美容皮膚科・内科・麻酔科 MASAKI CLINIC

第101回日本美容外科学会会長

日本美容外科学会専門医

東京ミッドタウンクリニック Noage顧問

公開日: 更新日:

輪郭

輪郭矯正では、張り出したあごやエラ、フェイスラインのお悩みを解決いたします。 顔の輪郭は、“美しい顔立ち"にとても大きく影響します。
それは、顔の輪郭が異なるだけで、他人に与える印象が、がらりと変わるからです。「卵形は若々しく優しい印象」、「エラの張った顔は意思が強そうな感じ」、等と 言ったところでしょうか。
ただ、一言に「卵形」と言っても、そのバランスは人それぞれ違います。
また、どんなに美しい輪郭であっても、その中に収まる、「目」・「鼻」・「口」等、それぞれのパーツと上手く調和していなければ、何の意味もありません。
昔は、顔の細長い「瓜実型」が美人の条件と決まっていた様ですが、現代では顔全体のバランスが取れている事がとても重要で、特にこの輪郭でなければならない、 といった偏った概念はない様です。
あえて言うならば、「女性らしい小さな顔」を望んでいる方々が多いという事でしょう。
当院の輪郭矯正では、骨の切除を伴う本格的な施術から、切らずダウンタイムの少ない施術まで、幅広くご提供しています。

顔の輪郭とは

正面から見たときの顔の印象は、顔の左右の幅と毛髪から顎までの長さでおおよそ決まります。
ほかには左右の下顎や前頭頬骨縫合(前頭骨と頬骨の間)の長さ、下顎角(エラ)の距離が印象に影響してきます。
人が顔の美しさを判断するまでの時間はわずか0.4秒とされており、輪郭はその最たる判断材料のひとつです。一般的に美しい顔を数値で表すと、縦の長さは

・前髪の生え際と眉頭の長さ
・眉頭から鼻の下の長さ
・鼻の下から顎先までの長さ

この3つの要因がすべて同じ長さ(1:1:1)であること。横の比率は

・顔の左右の最も張り出している間の長さが目の横幅の5倍

さらに顔の縦の長さと横の長さの比率が1:1.46であることとされています。
この数値は、1.35を下回ると顔が横に長い印象に。1.5を上回ると縦に長い印象となりますので、輪郭矯正を検討される際の参考にしてください。

顎プロテーゼ

横顔で見た場合、一般的に「鼻の頂点」と「顎の先端」が一直線になる(Eライン)が理想的とされています。
しかし、顎の突出が余りに少ないと、その2点を結ぶ線が円を描く様になってしまい、口元ばかりが強調されてしまいます。
顎にプロテーゼを挿入する事で、口元がやや内側に引っ込み、Eラインの美しい横顔が生まれます。
手術は局所麻酔で済み、手術時間も約20~30分で終了します。
また、手術は口の中から行いますので、傷跡は全く判りません。

こめかみプロテーゼ

こめかみが平らだったり陥没していると、どうしても実年齢より老けて見られがちです。
また、いつも疲れた印象を人に与えたり、優しさに欠けるといったマイナスイメージを持たれる事も多い様です。
プロテーゼをこめかみの凹んだ箇所に挿入する事で、顔にふっくらとした丸みを与え、表情にメリハリがつき、若々しく豊かな顔立ちに見える様になります。

ヒアルロン酸による顎の形成

日本人は欧米人に比べ、骨格的な問題から顎が引っ込んでいる場合が多く、いわゆるEライン(鼻の頭→顎)が出にくい傾向にあります。
そこでお勧めなのが、顎を自在にデザインすることが出来るヒアルロン酸注入です。
たった5分程度の施術で、顎のラインが美しくなり、引き締まったフェイスラインが浮かび上がります。
そのため、体重は全く変わらないのに「痩せたのでは?」と、人に尋ねられるのもこの施術の大きな特長です。
尚、注入するヒアルロン酸は、約半年から1年で元に戻るタイプと、長期持続型から目的に合わせてセレクト出来ますので、 カウンセリングの際にじっくりと話し合って決めていきましょう。

ボトックスによるエラの解消

エラが気になる方には、筋肉を萎縮させるボトックス注射が最適です。
エラ張りの原因となる咬筋に直接注入する事で、筋肉の動きを麻痺させ、徐々にシャープなフェイスラインにすることが出来ます。
必要最小限の部分にのみ注入しますので、食事や会話をする等といった、日常動作にほとんど支障はありません。

エラ削り

エラの張りを削り、顔を卵のような輪郭にする手術です。通常はエラと呼ばれている下顎角部だけではなく、最も顔の横幅が張り出しがちな咬筋という奥歯を咬むときに動かす部分まで骨切を行います。骨を切った効果だけではなく、周辺の骨を削ったことで咬筋が萎縮する副次的な効果も得られるため、2つの小顔効果が同時に得られます。

あご削り

長い顎や突き出たあごの骨を削り、顔のバランスを整える手術です。当院で行っているのはオトガイ水平切り術という術式で、オトガイとは医学用語であごのことです。このオトガイ部分の骨を水平に切り、中間の骨を切除して固定します。周辺の神経の状態にもよりますが8mm~10mmまでの短縮を理想とする顔のラインに沿って行います。

頬骨骨切り

頬骨もフェイスラインの形成に大きな影響を持つ部位ですが、出っ張りに該当する弓部と呼ばれる外周部分は5〜6mm程度の厚さしかなく、削ってもほとんど見た目が変わりません。
その為、当院では弓部を骨切りし、内側に移動させることで頬骨の張りを解消するインフラクチャー法を採用しています。
見た目の縮小効果が大きい手法ですが、この部位だけを小さくしすぎるとかえって顔全体の印象を悪化させてしまうため、バランスが重要な手術です。

出っ歯

上下歯槽骨骨切りと呼ばれる施術を行います。左右の第1臼歯を抜歯、空いた部分の上顎と下顎の骨を切除することで顎全体を後方に下げます。出っ歯の症状に特化しているともいえる施術で高い効果が見込めます。バランスよく口元を下げることができるほか、比較的患者様への負担も少ない施術です。

骨切り施術

料金について

手術から検診・アフターフォローまで全て含んだ料金となります。
なお、施術後1ヶ月検診まで再診料は無料です。
不安な事やご質問などございましたら、お気軽にごお問い合わせください。
(掲載されている料金は全て税込表示となっております。)

手術内容 方法・部位 料金
ヒアルロン酸 0.1cc 11,000円
ボトックス エラ 66,000円
(5ヶ月以内の再注射20%オフ)
プロテーゼ 385,000円
こめかみ プロテーゼ 440,000円
エラ削り 1,540,000円〜
オトガイ形成 1,650,000円〜
上歯槽骨 骨切 1,540,000円〜
上下歯槽骨 骨切 1,760,000円〜

関連ページ

ご相談・お問い合わせはこちら

当院はプライベートクリニックですので、患者様お一人お一人としっかり向き合い、丁寧な施術をご提供することが出来ます。また、患者様のプライバシーをお守りできるよう配慮し、完全個室対応をしております。
ご質問やご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ0120-120-454
平日:10:00-19:00 土曜:10:00-18:00(日曜休診)