東京の美容整形クリニックなら真崎医院

美容外科・美容皮膚科・内科・麻酔科 MASAKI CLINIC

第101回日本美容外科学会会長

日本美容外科学会専門医

東京ミッドタウンクリニック Noage顧問

2024.03.22 眼瞼下垂

二重埋没法で眼瞼下垂は悪化する?悪化する理由や避ける方法も解説

二重埋没法で眼瞼下垂は悪化する?悪化する理由や避ける方法も解説

二重埋没法を受けた後、眼瞼下垂が悪化する可能性について詳しく知りたいという人が多いのではないでしょうか。また、眼瞼下垂の悪化を懸念している場合、どんな手術を検討すれば良いかも気になるでしょう。

そこで、今回は以下の内容に沿って詳しく解説します。

  • 二重埋没法で眼瞼下垂は悪化する?
  • 眼瞼下垂の悪化以外の二重埋没法のデメリット
  • 眼瞼下垂の悪化を避けるなら「切らない眼瞼下垂」を検討しよう
  • 二重埋没法で眼瞼下垂を悪化させないポイント

眼瞼下垂が埋没法で治るのかについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

眼瞼下垂は埋没法で治る?手術を受ける際の注意点やメリットを解説

切らない眼瞼下垂の名医の真﨑院長。切らない眼瞼下垂の特徴は、手術時間20分、腫れにくい、簡単に若返りができる点です。満足のいかない場合は、手術代金を返金をいたします。

1、二重埋没法で眼瞼下垂は悪化する?

1、二重埋没法で眼瞼下垂は悪化する?

二重埋没法は、糸のかけ方次第で眼瞼下垂を引き起こす、または悪化させる可能性があります。

埋没法には「瞼板法」と「挙筋法」の2種類の術式があり、簡易的に行える「瞼板法」は、目を閉じているときにも糸が常に引っ張られ緊張状態にあるため外れやすく、術後の違和感や角膜を傷つけることがあります。

一方「挙筋法」は目を開いたときにのみ張力が発生するので、糸が外れにくく、糸の通し方によってはまぶたを引き上げて目を開かせることが可能です。

ただし、そこは医師のスキルによるところなので、場合によってはかえって不自然な下垂を引き起こしてしまうことがあります。

そのため、医師のスキルの差がでやすい術式と言えるでしょう。

当院へ訪れる患者様の中には、気付かぬ内に眼瞼下垂を発症している方が少なくありません。

患者様の要望にもよりますが、状態や症状次第では、二重手術ではなく眼瞼下垂の手術をお勧めするケースも多々あります。

また、眼瞼下垂程ではなくとも軽度の下垂を伴っている場合には、二重手術時にまぶたを引き上げて糸で固定をする「軽度下垂修正手術」で改善することが可能です。

二重埋没について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

二重埋没

2、眼瞼下垂が悪化する以外の二重埋没法のデメリット

眼瞼下垂が悪化する以外の二重埋没法のデメリット

眼瞼下垂が悪化する以外の二重埋没法のデメリットは以下の通りです。

  • 糸が取れて元に戻ってしまうことがある
  • 二重埋没法が適していない場合がある

それぞれ詳しく解説していきます。

(1)糸が取れて元に戻ってしまうことがある

埋没法のデメリットは、糸が緩んだり取れたりすると元の状態に戻ってしまうことです。埋没法は永久的なものではないためまぶたを頻繁にこする行為や時間の経過(老化)などが原因で、糸が緩んでしまうことがあります。

(2)二重埋没法が適していない場合がある

まぶたの脂肪が多く厚みのある方は、糸で固定する埋没法が向かないことが多いです。

理由としては、まぶたに厚みがあると糸で固定をしてもはね返す力が強く元に戻りやすいため、埋没法では理想的な二重にならないケースが多いからです。

その場合は、二重切開で二重をつくることが最短ルートだと思ってください。

また、過去に何度か二重手術を受けたことにより、結膜組織の癒着や変形が著しい場合にも同様のことが言えます。

※結膜組織の状態は手術回数ではなく、あくまでも手術方法や個人差、前回の手術からどのくらいの期間が経過しているかにもよります。

3、眼瞼下垂の悪化を避けるなら「切らない眼瞼下垂」を検討しよう

切らない眼瞼下垂の名医の真﨑院長。切らない眼瞼下垂の特徴は、手術時間20分、腫れにくい、簡単に若返りができる点です。満足のいかない場合は、手術代金を返金をいたします。

切らない眼瞼下垂は、眼瞼下垂手術を受けることに不安を感じる・リスクを最小限に抑えたい・術後に後悔したくない人におすすめの方法です。

当院の院長真﨑は、2004年に世界で初めて「切らない眼瞼下垂」の手術を医学書籍に公表しました。その後、20年以上の経験と継続的な改良により、現在の「真崎法」を確立し安心で安全な手術を患者様へご提供させていただいております。

「切らない眼瞼下垂(埋没式挙筋短縮術)」のメリットは以下の通りです。

切らない眼瞼下垂(真崎法)の特徴

当院では、患者様に安心して施術をうけていただくため、院長の真崎がカウンセリングから手術、その後のアウターケアまでしっかり責任をもってご対応します。

切らない眼瞼下垂(真崎法)は、個人差はありますが、手術後にずっとつらい痛みや腫れが続くということはほとんどありません。

切らない眼瞼下垂(埋没式挙筋短縮術)について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

切らない眼瞼下垂

4、二重埋没法で眼瞼下垂になったときの対処法

4、二重埋没法で眼瞼下垂になったときの対処法

二重埋没法で眼瞼下垂になったときは、修正手術を視野に入れましょう。

まずは、主j通を受けたクリニックで相談をするか、不安な場合は下垂手術に定評のあるクリニックでセカンドオピニオンを受けることをおすすめします。

ただし、修正手術は最初の手術時よりも難易度が上がると思ってください。

手術によって組織がダメージを受け、組織変形や癒着を起こしているケースが非常に多いからです。

また、仕上がりは医師の技術によって大きく左右されるため、特に修正手術を受ける場合には慎重な医師選びが必要です。

できるだけ最初の手術時から、症例実績が多く信頼性の高い医師に任せるようにしましょう。

5、二重埋没法で眼瞼下垂を悪化させないポイント

二重埋没法で眼瞼下垂を悪化させないポイント

二重埋没法で眼瞼下垂を悪化させないポイントは以下の4つです。

  • 二重埋没法のリスクや副作用をしっかり把握する
  • 手術後の仕上がりイメージを共有する
  • 患者様の希望を尊重し、さらに提案を行う医師に依頼する
  • 信頼できる医師に依頼する※同業関係者(医師・看護師)の評価が高い医師

それぞれ詳しく解説していきます。

(1)二重埋没法のリスクや副作用をしっかり把握する

手術で後悔しないために、二重埋没法のリスクや副作用をしっかり把握する必要があります。

二重埋没法は眼瞼下垂の悪化や糸が取れて元に戻ってしまうなどのトラブルが起こる可能性があります。

手術前に医師とよく相談し、自分に合った治療方法を選び、納得した上で手術を受けることが大切です。また、手術後には、医師の指示に従い、適切なアフターケアを行いましょう。

(2)手術後の仕上がりイメージを共有する

「こんなはずじゃなかった」という後悔を少しでも減らすためには、医師と事前に仕上がりイメージを共有することが重要です。

希望する二重の形や幅によっては、下垂を引き起こしたり悪化させることがあります。

特に幅の広い二重は医師のスキル次第で”眠たそうな目元”になってしまうことがあるため、注意が必要です。

実際には手術を受けてみなければ正確な仕上がりは分かりませんが、ある程度のイメージはカウンセリングでお伝えできるので、医師とのカウンセリングはしっかり受けるようにしてください。

(3)患者様の希望を尊重し、さらに提案を行う医師に依頼する

カウンセリングでは、患者様の希望を踏まえて治療方針を決定しますが、状態や症状によっては希望の手術が最適でない場合もあります。

優れた医師は、自身の専門知識をもとに、「この方法の方がメリットが大きい」といった提案を行います。医療の世界は専門的で理解しづらいことも多いですが、

医師からより良い方法を提案されることは、患者様にとって大きな利点と考えて良いでしょう。

(4)信頼できる医師に依頼する※同業関係者(医師・看護師)の評価が高い医師

信頼できる医師を選ぶ際に、医師の実績や専門性に注目し、医院の公式ウェブサイトなどを活用して情報を収集しましょう。

手術を受けようと思う医師の評価について、同業の医師や看護師などへ尋ねてみるのも良いでしょう。

そこで同業者が評価をするような医師やクリニックであれば、信頼をして手術を任せる判断材料になります。

医師たちは独自のネットワークで情報交換を行っているので、例えばインターネット上で目にするような口コミとはまた違う意見を聞けるかもしれません。

以上のポイントを考慮しながら、自分に合った医師を見つけることが大切です。

6、まとめ

二重埋没法は眼瞼下垂を引き起こす、または悪化させる可能性があるため、慎重に選択する必要があります。

手術後の経過や不安に対処するために、経験豊富な医師による丁寧なカウンセリングを受けることをおすすめします。目は顔の中でも印象を決めるほどの重要なパーツです。納得のいく理想とする仕上がりにできるよう、医院を選ぶときは慎重に選びましょう。

ご相談・お問い合わせはこちら

当院はプライベートクリニックですので、患者様お一人お一人としっかり向き合い、丁寧な施術をご提供することが出来ます。また、患者様のプライバシーをお守りできるよう配慮し、完全個室対応をしております。
ご質問やご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ0120-120-454
平日:10:00-19:00 土曜:10:00-18:00(日曜休診)