東京の美容整形クリニックなら真崎医院

美容外科・美容皮膚科・内科・麻酔科 MASAKI CLINIC

第101回日本美容外科学会会長

日本美容外科学会専門医

東京ミッドタウンクリニック Noage顧問

2023.10.23 眼瞼下垂

眼瞼下垂手術の費用相場は?保険適用の場合の費用についても解説

眼瞼下垂手術の費用相場は?保険適用の場合の費用についても解説

眼瞼下垂は、まぶたを持ち上げる筋肉にトラブルが生じて目が開きにくくなる症状を指します。

眼瞼下垂はちょっとした不注意な習慣でも起こるので、意外と身近な病気です。

美容外科医療の多くは、眼瞼下垂手術を保険適用外の自由診療として提供しています。

美容医療は、病気やけがの治療ではないので、健康保険は使えないからです。

そこで、今回は以下の内容について解説します。

  • 眼瞼下垂の費用相場
  • 眼瞼下垂手術をする際の注意点
  • 真崎医院で眼瞼下垂の治療をした症例

眼瞼下垂について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

眼瞼下垂とは?原因とよく間違われる症状から治療法までを詳しく解説

切らない眼瞼下垂の名医の真﨑院長。切らない眼瞼下垂の特徴は、手術時間20分、腫れにくい、簡単に若返りができる点です。満足のいかない場合は、手術代金を返金をいたします。

1、眼瞼下垂手術の費用

眼瞼下垂手術の費用

眼瞼下垂手術の費用は、手術の方法や選ぶクリニックによって大きく異なります。

特に、保険適用の有無は費用に大きな影響を与える要因となります。

手術を検討している方は、事前に費用や保険適用の条件をしっかりと確認し、予算や治療の内容を総合的に判断することが重要です。

各クリニックや病院によって、提供されるサービスや施術内容が異なるため、納得のいく治療を受けるためにも、事前の情報収集と相談を欠かさないようにしましょう。

(1)眼瞼下垂手術を保険適用で行う場合の費用

保険適用での眼瞼下垂手術は、健康保険の1割負担から3割負担で行うことができます。

保険適用で行う場合は、全国、全施設一律で保険点数が定められているため料金費用は一律です。

眼瞼下垂手術を保険適用で行う場合の費用を以下の内容に沿って解説します。

  • 眼瞼挙筋前転法、眼瞼挙筋短縮法、ミュラー筋タッキングの費用(保険点数:7,200点)
  • 筋膜移植/前頭筋吊り上げ術の費用(保険点数:18,530点)
  • その他のもの(保険点数:6,070点)

①眼瞼挙筋前転法、眼瞼挙筋短縮法、ミュラー筋タッキングの費用(保険点数:7,200点)

「眼瞼挙筋前転法」「眼瞼挙筋短縮法」「ミュラー筋タッキングの費用」は、同じ金額でも方法が異なる手術となります。

各手術の詳細や具体的な金額は以下の通りです。

手術内容詳細金額(片目)
眼瞼挙筋前転法上のまぶたの二重の部分を切開し、目を開けるための挙筋や、その挙筋とまぶたを結びつけている腱膜を短くすることで、目の開き具合を広げ、同時に二重のまぶたを形成する。21,600円(3割自己負担)
眼瞼挙筋短縮法眼瞼挙筋がまだ機能している状態で、伸びてしまったその筋肉を短縮し、瞼板に固定する。※「経皮法」と「結膜法」という二つの方法が存在する。21,600円(3割自己負担)
ミュラー筋タッキング硬い挙筋腱膜から軟らかいミュラー筋を剥離し、ミュラー筋を縫い縮めて瞼板に固定する。21,600円(3割自己負担)
参照:今日の臨床サポート

手術を選ぶ際は、以下の内容を考慮し、最適な方法を選択することが大切です。

  • 自身の症状
  • 希望する結果
  • 費用

満足のできる結果が得られるように、医師と相談するようにしましょう。

②筋膜移植/前頭筋吊り上げ術の費用(保険点数:18,530点)

「筋膜移植」「前頭筋吊り上げ術」の費用も、方法が異なる手術でありながら金額は同じです。

各手術の詳細や具体的な金額は以下の通りです。

手術内容詳細金額(片目)
筋膜移植眉毛の上部に5〜10mmの小さな切開を行い、その下にトンネルを作る。このトンネルに、取り出した筋膜やゴアテックスを細長く挿入したのちに、眉毛を持ち上げる動作でまぶたが開くように筋肉を固定する。55,590円(3割自己負担)
前頭筋吊り上げ術眉毛や額を動かす前頭筋をまぶたに結びつけ、眉毛の動きでまぶたを上げる55,590円(3割自己負担)
参照:今日の臨床サポート

③その他のもの(保険点数:6,070点)

その他のものとして、「眉下切開/眉上切開手術(アイリフト)」「単純皮膚切開手術」の費用も、方法が異なる手術でありながら金額は同じです。

各手術の詳細や具体的な金額は以下の通りです。

手術内容詳細金額(片目)
眉下切開眉毛の下から上まぶたの方向に向かって皮膚を切除し、上まぶたの弛みを矯正する18,020円(3割自己負担)
眉上切開手術眉毛の上からおでこの方向に向かって皮膚を切除し、眉毛と共に上まぶたの弛みを矯正する18,020円(3割自己負担)
参照:今日の臨床サポート

眼瞼の皮膚のたるみや重みを感じる方に適した手術となります。

傷跡が目立つ可能性もあるため手術を受ける際は、その点を十分に考慮する必要があります。

手術を検討する際は、専門の医師と十分なカウンセリングを行い、適切な治療方法を選択することが大切です。

眼瞼下垂の保険適用基準や名医の選び方について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。「眼瞼下垂の保険適用基準とは?名医の選び方や治療の種類も解説

(2)眼瞼下垂手術を保険適用外で行う場合の費用

眼瞼下垂の治療は、重度の眼瞼下垂でないと保険が適用されません。

そのため、軽度の症状や美容目的での治療を希望する際は、保険適用外で眼瞼下垂治療をすることになります。

保険適用外の眼瞼下垂治療は、症状の改善だけでなく、保険適用手術よりも理想の目元に近づけることができます。

なお、保険適用外での眼瞼下垂治療は全額自己負担となり、費用はクリニックによって異なるので事前にHPなどで調べておきましょう。

ここでは、多くのセレブやVIPが訪れ、世界で認められたプライベートクリニックとして知られている真崎医院を例にして解説します。

以下の内容に沿って、保険適用外で眼瞼下垂治療をする場合の費用を解説します。

  • 切開する眼瞼下垂手術
  • 切開しない眼瞼下垂手術

①切開する眼瞼下垂手術

保険適用で眼瞼下垂手術を行える手術内容であっても、保険適用外で眼瞼下垂手術を行うと、金額に大きな変化が生じます。

しかし、保険適用で眼瞼下垂手術をするときよりも、保険適用外で眼瞼下垂手術を行った方が、理想の目元に近づけることができます。

真崎医院で切開する眼瞼下垂手術をした場合の具体的な金額例は以下の通りです。

手術方法片目の場合の費用両目の場合の費用
腱膜固定術(挙筋前転術)385,000円660,000円
筋膜移植550,000円880,000円
参照:真崎医院料金表

保険適用外の眼瞼下垂手術は、高額になることが予想されるため、事前に複数のクリニックでの相談や見積もりを取得することをおすすめします。

②切開しない眼瞼下垂手術

保険適用外で眼瞼下垂手術を行う場合、まぶたを切開することなく治療することができます。

真崎医院で行う切らない眼瞼下垂について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

切らない眼瞼下垂

また、真崎医院で切らない眼瞼下垂手術を行った場合の具体的な金額は以下の通りです。

手術方法片目の場合の費用両目の場合の費用
切らない眼瞼下垂(埋没式挙筋短縮術)275,000円440,000円
参照:真崎医院料金表

もちろん、経済的な面だけを除けば、保険適用外での手術にはメリットが多いです。

例えば、学会が推奨する厳格なプロトコル(手順)にしばられて治療する必要もなく、効果の高い最先端のテクニックをどんどん取り入れることができるからです。

真崎法の手法は、まさに効果の高い最先端のテクニックを取り入れています。

2、眼瞼下垂手術をする際の注意点

眼瞼下垂の重症度を表す画像
参照:真崎医院症例写真

眼瞼下垂手術を受ける際には、いくつかの注意点があります。

以下の内容に沿って眼瞼下垂手術をする際の注意点について解説します。

  • 眼瞼下垂が軽度の場合は保険適用外になることが多い
  • 大きな腫れが引くまでのダウンタイム
  • まぶたの組織や糸の埋まりが安定するまでの期間

(1)眼瞼下垂が軽度の場合は保険適用外になることが多い

眼瞼下垂の治療を受ける際、症状の重症度によって保険の適用が異なることが知られています。

特に、軽度の眼瞼下垂の場合、治療が美容目的とみなされることが多く、保険適用を受けるのが難しいです。

保険適用を受けるための基準として、視野が狭くなるなどの明確な視覚障害が必要とされるため、軽度の症状で、日常生活に大きな支障がない場合、多くの医療機関では保険適用外で治療することが一般的です。

このため、眼瞼下垂の手術を検討する際は、症状の重症度や治療の目的をしっかりと医師と相談し、保険適用の可否や治療費用についての情報を事前に確認することが大切です。

(2)大きな腫れが引くまでのダウンタイム

手術をする上で多くの患者様が気にするのは、術後の腫れ(ダウンタイム)ではないでしょうか。

真崎法による眼瞼下垂手術は腫れが少ないことが特徴ですが、時として大きな腫れが発生することがあります。

大きな腫れが引くまでの期間は以下の通りです。

※いずれも真崎医院で受ける場合で比較しています。

切らない眼瞼下垂(真崎法)切る眼瞼下垂
大きな腫れが引くまでの期間1~2週間約2週間

腫れの程度や感じ方には個人差があるため一概には言えませんが、大事な予定がある場合には、そのスケジュールなども考慮したうえで手術の日にちを決める必要があります。

(3)まぶたの組織や糸の埋まりが安定するまでの期間

前述したように、手術後の大きな腫れは数週間で落ち着きますが、まぶたの組織や糸の埋まりが完全に安定するまでには、3ヶ月~6ヶ月の期間がかかることが一般的です。

この間は、朝方の浮腫みや目やに、まぶたの違和感を感じることもありますが、時間の経過と共に落ち着くことがほとんどです。

3、眼瞼下垂手術をするなら真崎医院がおすすめ

切らない眼瞼下垂の名医の真﨑院長。切らない眼瞼下垂の特徴は、手術時間20分、腫れにくい、簡単に若返りができる点です。満足のいかない場合は、手術代金を返金をいたします。

真崎医院は、多くのセレブやVIPが訪れる、世界で認められたプライベートクリニックとして知られています。

その中でも、特に注目されるのが「切らない眼瞼下垂症手術」です。

切らない眼瞼下垂は、真崎院長が提唱したもので、従来の切開手術を必要とせず、まぶたの開きを自然に改善することができる革命的な治療法です。

真崎院長が提唱した「切らない眼瞼下垂症手術(埋没式挙筋短縮法)」は、メスを使用せず、まぶたの美しい開きを実現することができます。

この手術は、2004年に真崎院長が医学書籍で世界で初めて公表してから、多くの美容外科クリニックで採用されるようになりました。しかし、真崎医院で採用している「真崎法」は、切らない眼瞼下垂の提唱者である真崎院長が最初の発表から20年の月日をかけて改良した方法で、安全性と効果の両方を兼ね備えた独自の手技を患者様に提供しています。

真崎医院の強みは、高い技術力だけでなく、患者様との信頼関係を大切にしている点です。

完全個室の待合室で、プライバシーを守りながら、安心して治療を受けることができ、患者様の満足と安全を最優先に考え、最新の技術と設備を取り入れています。

眼瞼下垂でお悩みの方は、真崎医院を選ぶことで、安全かつ効果的な治療を受けることが可能です。

真崎医院は、あなたの目元の美しさを取り戻し、自信に満ちた日常を送るお手伝いをすることができます。

真崎医院で無料画像診断を行いたい方は、以下よりご相談ください。

4、真崎医院で眼瞼下垂の治療をした症例

4、真崎医院で眼瞼下垂の治療をした症例

ここでは、真崎医院で眼瞼下垂の治療を行った患者様の変化をお伝えします。

真崎医院様症例写真
参照:真崎医院
真崎医院様症例写真
参照:真崎医院
真崎医院様症例写真
参照:真崎医院
真崎医院様症例写真
参照:真崎医院
真崎医院様症例写真
参照:真崎医院

5、まとめ

眼瞼下垂手術は、下垂が進んで重くなった目の開きにくさを改善するための手術です。

手術の方法や費用、保険の適用については、医療機関や手術の内容によって異なります。

そのため、しっかりと情報を収集し、医師との相談を重ねることが大切です。

手術を受けることで、視界が広がったり、自分の容姿に自信を持ったりすることができるようになります。

悩みを持つ方は一度、専門医の意見を聞いてみることをおすすめします。

ご相談・お問い合わせはこちら

当院はプライベートクリニックですので、患者様お一人お一人としっかり向き合い、丁寧な施術をご提供することが出来ます。また、患者様のプライバシーをお守りできるよう配慮し、完全個室対応をしております。
ご質問やご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ0120-120-454
平日:10:00-19:00 土曜:10:00-18:00(日曜休診)