東京の美容整形クリニックなら真崎医院

美容外科・美容皮膚科・内科・麻酔科 MASAKI CLINIC

第101回日本美容外科学会会長

日本美容外科学会専門医

東京ミッドタウンクリニック Noage顧問

2023.11.28 眼瞼下垂

眼瞼下垂手術で二重にならない可能性も?原因とその対処法を解説

眼瞼下垂手術で二重にならない可能性も?原因とその対処法を解説

眼瞼下垂手術はまぶたを持ち上げる筋肉にトラブルが生じ、上まぶたが落ちてくることで視野が狭くなる症状を改善する治療ですが、同時に二重まぶたをつくることも可能です。

しかし、二重にすることを目的とした手術ではないため、必ずしも希望通りの二重になるとは言えません。

そこで、今回の記事では、以下について詳しく解説します。

  • 眼瞼下垂手術で希望の通りの二重にならないことがある
  • 眼瞼下垂手術で希望の通りの二重にならない理由
  • 眼瞼下垂手術で希望の通りの二重にならないときの対処法
  • 眼瞼下垂手術と二重手術は同時にできる?
  • 眼瞼下垂手術で後悔しないためのポイント

眼瞼下垂手術において後悔したくない方は、以下の記事もご覧ください。

眼瞼下垂手術で後悔しないために知っておくべきことや失敗事例を紹介

写真を送るだけで目元の無料画像診断をいたします!

1、眼瞼下垂手術では希望の通りの二重にならないことがある

眼瞼下垂手術では希望の通りの二重にならないことがある

眼瞼下垂の治療では、目の開きを改善しながら同時に二重まぶたにすることができます。

しかし、下垂の程度や手術の結果によっては、眼瞼下垂の症状は改善できても、患者様が希望する通りの二重のラインを形成するのは難しいケースがあります。その場合、眼瞼下垂治療後のダウンタイムが落ち着いた頃に、別の二重手術が必要になることもあるでしょう。

2、眼瞼下垂手術で希望の通りの二重にならない理由

眼瞼下垂手術で希望の通りの二重にならない理由

眼瞼下垂手術はそもそも二重にすることが目的の手術ではなく、眼瞼挙筋の弱まりによって下垂したまぶたを引き上げることを目的としています。

いずれにしても眼瞼挙筋に糸を結び付けて手術を行うため、眼瞼下垂の治療を受ければ自ずと二重のラインは付くのです。

ただ、下垂の程度やまぶたの引きあがり方によって二重幅が決まるため、埋没法による二重ラインのように“幅広”や“末広型・平行型”のような細かなコントロールは不可能と思ってください。

3、眼瞼下垂手術で希望の通りの二重にならないときの対処法

眼瞼下垂手術で希望の通りの二重にならないときの対処法

眼瞼下垂手術で希望通りの二重にならなかった場合には、後日二重手術を受けることをおすすめします。

二重手術には、切らない二重整形(埋没法)や切る二重整形(切開法)といった施術法があります。

埋没法は切開法と比べてダウンタイムが短く、腫れにくいといったメリットがありますが、切開法は幅や形の自由度が高く、厚みのあるまぶたでも一度の手術で理想的な二重を作ることができます。埋没法と切開法の違いを理解し、医師と相談しながら自分に合った方法を選ぶことが大切です。

4、眼瞼下垂手術と二重手術は同時にできる?

眼瞼下垂手術と二重手術は同時にできる?

「パッチリとした二重にしたい」「二重にして目を大きく印象的にしたい」という場合は眼瞼下垂手術ではなく、二重手術を検討しましょう。二重手術は美容目的で美しい二重にすることを目的とした治療です。

当院では、軽度の下垂であれば埋没法による二重手術で改善することが可能です。

糸で固定をする際に、下垂したまぶたを引き上げるように行う手法で、院長の真崎が独自に行う手術です。

二重を作りながらまぶたの下垂も改善できるため、軽度の眼瞼下垂でお悩みの方は一度カウンセリングへお越しください。

患者様ご自身では“軽度なのか重度なのか”の判断が難しいと思いますので、実際のお目元を見て院長が判断いたします。

「眼瞼下垂も治したいけど綺麗な二重も作りたい…」ということであれば、それぞれの手術を同時に受けると良いでしょう。

眼瞼下垂手術と二重手術は同時に行うことができるので、一度にどちらも手に入れたいという場合は医師に相談してみましょう。

下記は、軽度の眼瞼下垂症を二重手術(埋没法による下垂修正)で改善した症例写真です。

眼瞼下垂症例写真
参照:真崎医院

5、眼瞼下垂の手術で後悔しないためのポイント

眼瞼下垂の手術で後悔しないためのポイント

「眼瞼下垂の手術を受けたのに二重にならなかった」「理想とする仕上がりにならなかった」など、手術後に後悔しないためにはどうしたら良いのでしょうか。ポイントを押さえて、後悔するリスクを未然に防ぎましょう。

眼瞼下垂手術の後悔について知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

眼瞼下垂手術で後悔しないために知っておくべきことや失敗事例を紹介

眼瞼下垂手術で後悔しないためのポイントは、以下の3つです。

  • 眼瞼下垂手術のリスクや副作用をしっかり把握する
  • 眼瞼下垂手術後の仕上がりイメージを共有する
  • 万が一元の状態に戻したくなった場合の対応

(1)眼瞼下垂手術のリスクや副作用をしっかり把握する

眼瞼下垂手術で後悔しないために、眼瞼下垂手術のリスクや副作用をしっかり把握する必要があります。

眼瞼下垂手術のリスクは希望通りの二重にならないこと以外に、以下のことが挙げられます。

眼瞼下垂手術のリスクは、以下です。1、一定期間目が閉じにくい。2、筋肉の反応による左右差。3、目が開きすぎてびっくり目になる。4、ミュラー筋を刺激してしまう可能性。

上記のようなリスクやトラブルが起こる可能性があります。いずれのリスクも大概は時間の経過と共に落ち着くことがほとんどですが、手術前に医師とよく相談し、自分に合った治療方法を選び、納得した上で手術を受けることが大切です。また、手術後には、医師の指示に従い、適切なアフターケアを行いましょう。

(2)眼瞼下垂手術後の仕上がりイメージを共有する

希望通りの二重にならないこと以外に、「印象の変化に戸惑ってしまう」「納得のいく仕上がりではない」などと後悔する場合があります。「こんなはずじゃなかった」という後悔を少しでも減らすためには、医師と事前に仕上がりイメージを共有することが重要です。

例えば、患者様の中には、手術によって目の開きはしっかり改善したものの、その表情の変化についていけずに却って不快に思う方が稀にいらっしゃいます。

眼瞼下垂を治すことが、その患者様にとっては満足のいく結果ではなかったというケースです。

当院の切らない眼瞼下垂術は、時間の経過と共に起こる多少の糸のゆるみを踏まえて、手術直後にまぶたが開きすぎるくらいにコントロールをするのがポイントになります。

たいてい数日以内に丁度良い状態に落ち着くのですが、人によってはガラッと印象が変わるため、その急な変化についていけないこともあるようです。

実際には手術を受けてみなければ正確な仕上がりは分かりませんが、ある程度のイメージはカウンセリングでお伝えできるので、医師とのカウンセリングはしっかり受けるようにしてください。

(3)万が一元の状態に戻したくなった場合の対応

術後の仕上がりや見た目の印象によって、手術前の状態に戻したいという申し出を受けるケースも稀ですが実際にはあります。

当院で採用している「真崎法」なら、仕上がり具合を確認して、気に入らなければ糸を外して簡単に元に戻すことが出来るため、初めて手術を受ける方や手術を受けるか迷っている方には、良い判断材料になると思います。

ただし、これはあくまでも「真崎法」の場合であるため、手術を受けるクリニックの手法や医師の技量によっては、元に戻せない可能性が非常に高い点に注意してください。

当院の場合、手術日を含め5日以内であれば『糸を外して元に戻して返金(麻酔代・薬代を除く)』という【トライアル返金システム】を独自に取り入れていますので、万が一のことがあっても安心して手術を受けていただけます。

6、まとめ

眼瞼下垂手術の一番の目的はまぶたの開きを改善するもので、必ずしも希望通りの二重にすることが目的ではありません。眼瞼下垂手術だけではイメージする二重にならないことがあるため、手術前に十分な説明を受けることや相談が重要です。

二重を優先したい場合は、二重手術を検討しましょう。また、手術前に希望する仕上がりを医師と共有し、クリニック選びも慎重に行うことがポイントです。自分に合う方法で、印象的で美しい目元にしていきましょう。

眼瞼下垂について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

眼瞼下垂とは?原因とよく間違われる症状から治療法までを詳しく解説

ご相談・お問い合わせはこちら

当院はプライベートクリニックですので、患者様お一人お一人としっかり向き合い、丁寧な施術をご提供することが出来ます。また、患者様のプライバシーをお守りできるよう配慮し、完全個室対応をしております。
ご質問やご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ0120-120-454
平日:10:00-19:00 土曜:10:00-18:00(日曜休診)