東京の美容整形クリニックなら真崎医院

美容外科・美容皮膚科・内科・麻酔科 MASAKI CLINIC

第101回日本美容外科学会会長

日本美容外科学会専門医

東京ミッドタウンクリニック Noage顧問

2023.11.29 眼瞼下垂

眼瞼下垂手術と二重手術の違いは?特徴・料金・ダウンタイムを比較

眼瞼下垂手術と二重手術の違いは?特徴・料金・ダウンタイムを比較

「眼瞼下垂手術と二重手術の違いを詳しく知りたい」という方も多いのではないでしょうか。眼瞼下垂手術は、まぶたを持ち上げる筋肉にトラブルが生じ、上まぶたが落ちてくることで視野が狭くなる症状に対して行われます。一方、二重手術は美容整形の一環で、理想の二重ラインをつくり目を大きく綺麗に見せたいときに行う治療です。ぞれぞれの手術は、目的や理想とする仕上がりにより異なります。

そこで、今回の記事では、以下について解説します。

  • 眼瞼下垂手術と二重手術の特徴の違い
  • 眼瞼下垂手術と二重手術の料金の違い
  • 眼瞼下垂手術と二重手術のダウンタイム期間の違い
  • 眼瞼下垂手術と二重手術の症例

また、両方の手術を同時に受けることができるかなど、よくある疑問についてもお答えしますので、どちらが自分に適しているかを比較していきましょう。

眼瞼下垂手術について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

眼瞼下垂とは?原因とよく間違われる症状から治療法までを詳しく解説

切らない眼瞼下垂の名医の真﨑院長。切らない眼瞼下垂の特徴は、手術時間20分、腫れにくい、簡単に若返りができる点です。満足のいかない場合は、手術代金を返金をいたします。

1、眼瞼下垂手術と二重手術の特徴の違い

眼瞼下垂手術と二重手術の特徴の違い

眼瞼下垂手術と二重手術の特徴には大きな違いがあります。

眼瞼下垂は、まぶたが正常な位置よりも下に垂れ下がっている状態です。

基本的には年齢とともに進行する自然な症状で、まぶたの筋肉や組織の弛緩に関連しています。

眼瞼下垂が進行すると、以下のような症状が現れる場合があります。

●まぶたが重く感じる
●目が疲れやすい
●目の開きが悪くなり、黒目が隠れてしまう
●左右で目の大きさが異なる
●まぶたの二重幅が広がってくる
●二重の線が薄くなり、まぶたの窪みが深くなる
●眉毛とまつ毛の間隔が広がってくる
●額にシワができる
●慢性的な頭痛・肩こり

一方の二重手術は、まぶたに二重の折れ目をつくる美容整形手術の一種です。

まぶたの折れ目がないか、あまり目立たない一重まぶたの状態を、より広がりや奥行きのある二重まぶたにする治療です。

また眼瞼下垂手術は、下垂したまぶたによって引き起こされる症状(視界の狭まり、目の開きづらさ、頭痛・肩こり)をまぶたを引き上げることで改善するための手術です。

それに対し二重手術は、美容的な観点から綺麗な二重にしたい場合に受ける手術です。

以下に、それぞれの主な手術の違いをまとめます。

●眼瞼下垂手術…弛んだ眼瞼挙筋(挙筋腱膜)を前転させて瞼板(※)に引き寄せ固定をし、目の開きを改善しながら同時に二重をつくります。

●二重手術…眼瞼挙筋もしくは瞼板から糸を皮膚側にかけて二重をつくります。一般的には二重埋没法と呼ばれます。

このように、眼瞼下垂手術と二重手術は、目的や手術方法が異なります。

視野を改善するために上まぶたを持ち上げる治療は眼瞼下垂手術、二重のために美容目的で受ける治療は二重手術と捉えても良いでしょう。

※瞼板(けんばん)...まぶたの骨や軟骨、筋肉などで覆われた平らな部分のこと。まぶたの形状や機能に関わっている。

2、眼瞼下垂手術と二重手術の料金の違い

2、眼瞼下垂手術と二重手術の料金の違い

眼瞼下垂手術と二重手術の料金は、大きく異なります。

特に、二重手術の場合は眼瞼下垂手術と違い美容目的であると判断されるため基本的に保険適用がされません。

眼瞼下垂手術の場合の料金の目安は、保険適用の場合やクリニックによって異なりますが、真崎医院の場合は以下です。

【切開法の場合】

手術法片目料金両目料金
腱膜固定術(挙筋前転術)385,000円660,000円
筋膜移植550,000円880,000円
参照:真崎医院

【切らない眼瞼下垂の場合】

手術法片目料金両目料金
切らない眼瞼下垂(埋没式挙筋短縮術)275,000円440,000円
参照:真崎医院

眼瞼下垂手術の費用について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

眼瞼下垂手術の費用は?重症度や保険適用の場合の費用について解説

二重手術の料金の目安も、クリニックによって異なりますが、参考として真崎医院の場合を紹介します。

【二重切開法の場合】

手術内容片目料金両目料金
切開法275,000円440,000円
参照:真崎医院

【二重埋没法の場合】

方法・部位片目料金両目料金
メイクアップ二重術77,000円110,000円
埋没(1針固定)110,000円165,000円
埋没(2針固定)165,000円220,000円
軽度下垂修正含む(目力UP)+27,500円~55,000円+55,000円~110,000円
たるみたくし上げ切らないで瞼のたるみ解消+27,500円+55,000円
参照:真崎医院

料金は施術方法や目指す仕上がり、またクリニックにより異なるため、あくまで目安として考えましょう。

二重手術の場合は、切開法より埋没法の方が安くなることがほとんどです。切開法では、範囲によっても料金が高くなる可能性も考えられます。

3、眼瞼下垂手術と二重手術のダウンタイムの期間の違い

眼瞼下垂手術と二重手術のダウンタイムの期間の違い

ここでは、眼瞼下垂手術と二重手術のダウンタイムの違いを比較していきましょう。手術のスケジュールを決める際の参考にしてみてください。

眼瞼下垂手術の場合のダウンタイムの目安は、クリニックによって異なりますが、真崎医院の場合は以下です。

切らない眼瞼下垂切開法
約1~2週間、腫れのピークは2~3日程度約2~3週間、腫れのピークは1週間程度
参照:真崎医院切開法 真崎医院切らない眼瞼下垂

眼瞼下垂のダウンタイムについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

眼瞼下垂手術後のダウンタイムの症状は?術後の経過から生活まで紹介

二重手術のダウンタイムの目安も、クリニックによって異なりますが、参考として真崎医院の場合を紹介します。

二重埋没法二重切開法
大きな腫れ(麻酔・内出血など)がひいてくるのに約1週間〜2週間組織(むくみ、糸の埋まり)が安定するまでには3ヶ月〜6ヶ月程度大まかな腫れや内出血が引いてくるのは、約2~3週間程度組織が完全に落ち着くまで、2ヶ月~3ヶ月程度
参照:真崎医院二重切開法 真崎医院二重埋没

基本的に切開法はメスで切開するため、埋没法と比べるとダウンタイムが長めです。

切開すると内出血が生じやすく、抜糸後にも、まぶたに赤みが残る可能性もあります。個人差もありますが、まぶたの傷痕が目立たなくなるまでは2~3ヶ月くらいかかる場合もあるでしょう。

なお、ダウンタイムにも個人差があります。ダウンタイムの期間が気になる方は、カウンセリング時に直接相談しましょう。

4、眼瞼下垂手術と二重手術の症例

眼瞼下垂手術と二重手術の症例

ここでは、真崎医院で眼瞼下垂手術と二重手術を受けた患者様が、どのように変化したのかをご紹介いたします。

【眼瞼下垂手術の場合】

参照:真崎医院
参照:真崎医院

【二重手術の場合】

参照:真崎医院
参照:真崎医院

5、眼瞼下垂手術と二重手術は同時にできる?

眼瞼下垂手術と二重手術は同時にできる?

眼瞼下垂手術と二重手術は、同時に行うことが可能ですが、むやみに同時には行わず、まずは眼瞼下垂手術で開きを改善し、状態が落ち着いた頃に二重幅がどの程度になるかを見て判断することもあります。

眼瞼下垂手術である程度の二重にはなりますが、希望する二重まぶたになるとは言い切れないため、二重手術と併用するまたは必要であれば、後日二重手術を行って、理想の目元に仕上げます。

6、眼瞼下垂手術と二重手術に関するよくあるQ&A

眼瞼下垂手術と二重手術に関するよくあるQ&A

ここでは、眼瞼下垂手術と二重手術に関するよくある疑問にお答えしていきます。

(1)二重手術は眼瞼下垂になりますか?

当院ではそのようなことはありませんが、糸のかけ方によって下垂を引き起こしてしまうことがあります。

二重手術は一重まぶたの状態に糸をかけて、まぶたに二重の折れ目をつくる美容手術です。挙筋法の場合、担当する医師の技術によっては、二重手術によりまぶたが引き上がる効果も期待できます。

(2)眼瞼下垂手術と二重手術は保険適用になりますか?

眼瞼下垂の場合、施術方法(切開法・非切開法)やかかる医療機関(美容クリニック・眼科・大学病院など)によって保険適用の有無が異なります。

特に美容クリニックで手術を受ける場合はその多くが自由診療のため、保険適用外となることがほとんどです。

ただし、個人で加入する医療保険においては給付金支給の対象となることもあるので、事前に保険会社へ確認してみると良いでしょう。

しかし、二重手術は美容目的になるため、保険は適用されません。「目を大きくパッチリとした二重にしたい」など美容のための手術には適用されないため、費用は自己負担になります。まとまった金額が必要になることもあるので、カウンセリング時に相談し、あらかじめ費用も把握しておきましょう。

 7、眼瞼下垂手術をするなら真崎医院がおすすめ

切らない眼瞼下垂の名医の真﨑院長。切らない眼瞼下垂の特徴は、手術時間20分、腫れにくい、簡単に若返りができる点です。満足のいかない場合は、手術代金を返金をいたします。

真崎医院は、多くのセレブやVIPが訪れる、世界で認められたプライベートクリニックとして知られています。

その中でも、特に注目されるのが「切らない眼瞼下垂症手術」です。

切らない眼瞼下垂は、真崎院長が提唱したもので、従来の切開手術を必要とせず、まぶたの開きを自然に改善することができる革命的な治療法です。

真崎院長が提唱した「切らない眼瞼下垂症手術(埋没式挙筋短縮法)」は、メスを使用せず、まぶたの美しい開きを実現することができます。

この手術は、2004年に真崎院長が医学書籍で世界で初めて公表してから、多くの美容外科クリニックで採用されるようになりました。

しかし、真崎医院で採用している「真崎法」は、切らない眼瞼下垂の提唱者である真崎院長が最初の発表から20年の月日をかけて改良した方法で、安全性と効果の両方を兼ね備えた独自の手技を患者様に提供しています。

真崎医院の強みは、高い技術力だけでなく、患者様との信頼関係を大切にしている点です。

完全個室の待合室で、プライバシーを守りながら、安心して治療を受けることができます。

患者様の満足と安全を最優先に考え、最新の技術と設備を取り入れています。

眼瞼下垂でお悩みの方は、真崎医院を選ぶことで、安全かつ効果的な治療を受けることが可能です。

真崎医院は、あなたの目元の美しさを取り戻し、自信に満ちた日常を送るお手伝いをすることができます。

真崎医院で無料画像診断を行いたい方は、以下よりご相談ください。

8、まとめ

眼瞼下垂手術と二重手術は異なる目的と手術方法を持つ美容整形手術です。眼瞼下垂手術は、まぶたの下垂によって引き起こされる症状を改善し、視野や見た目の問題を解決へ導きます。重度の場合は、保険適用されるケースもあります。

一方、二重手術は美容目的でまぶたに二重の折れ目をつける手術です。

料金は施術方法や、かかる医療機関により異なります。ただし、料金が安いからといって安易に判断せず、納得のいくクリニックを探しましょう。

「自分の目の状態はどちらの施術が向いているのか知りたい」という場合は、クリニックで医師に直接相談し、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。自分に最適な方法で目元を美しくより魅力的にして、印象的な目元をつくっていきましょう。

眼瞼下垂について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

眼瞼下垂とは?原因とよく間違われる症状から治療法までを詳しく解説

ご相談・お問い合わせはこちら

当院はプライベートクリニックですので、患者様お一人お一人としっかり向き合い、丁寧な施術をご提供することが出来ます。また、患者様のプライバシーをお守りできるよう配慮し、完全個室対応をしております。
ご質問やご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ0120-120-454
平日:10:00-19:00 土曜:10:00-18:00(日曜休診)